認知症の種類と症状の特徴



プラズマローゲン効果ナビ




認知症の種類と症状の特徴


認知症の種類と症状の特徴
認知症には様々な種類があり

症状によって

認知症の種類は異なります。



そもそも、認知症とは、

脳細胞が死滅してしまったり、

脳の指令が上手く働かなくなった時に

起こる症状のこと。



人間の司令塔である脳の指示が

くるってしまうことで、

精神にも身体にも

異常を発症させてしまいます。





認知症にはいくつか種類がありますが、

その中でも特に発症例が多いのが

・アルツハイマー型認知症

・脳血管型認知症

・レビー小体型認知症

・前頭側頭型認知症


の4つです。



それぞれの認知症の症状について

説明します。







アルツハイマー型認知症



アルツハイマー型認知症は、

認知症患者の60%を

占めるといわれるほど

患者の多い症状
です。



特に、女性に多く見られる認知症で、

脳に「アミロイドβ」や

「タウ」というたんぱく質が

たまることで、

神経細胞が死滅し、症状が発症します。





神経細胞が死滅すると、

脳が委縮を始め、

徐々に身体機能も低下してしまうのが

アルツハイマー型認知症の特徴です。





アルツハイマー型認知症では

認知症を発症する前から

物忘れが多くなったり

最近の出来事を忘れてしまう
などの症状が

現れ始めてきます。



そして、アルツハイマー型認知症を

発症すると、

・記憶障害
・判断能力の低下
・見当識障害
・周辺症状

などの症状も現れるようになります。







・脳血管型認知症




脳血管型認知症は、

脳梗塞やくも膜下出血などの

脳の血管の病気をきっかけに

発症される認知症
です。



脳の血管が詰まることで

脳細胞に酸素が送られなくなり、

神経細胞が死滅していきます。





脳血管型認知症は、

男性に多い認知症で

良くなったり悪くなったりを

繰り返しながら

徐々に進行して
いきます。





脳血管型認知症の場合、

脳内には、正常に働いている細胞と

死滅している細胞の

どちらもが存在しますので

「まだら認知症」になりやすく

昨日できていたことが

今日はできないといった

症状を発症します。







レビー小体型認知症


認知症の種類と症状の特徴
レビー小体型認知症は、

男性の発症数が

女性の2倍とも言われる認知症です。



レビー小体型認知症は、

レビー小体が

大脳皮質や脳幹にたまってしまうことで

神経細胞を死滅させ、

認知症を発症させてしまいます。





レビー小体型認知症では

発症前に「幻覚」が見られ、

誤認妄想やうつ症状、

体を上手く動かすことができない
といった

症状が現れてきます。







前頭側頭型認知症



前頭側頭型認知症

若い人にも発症する認知症で、

前頭葉と側頭葉の

委縮によって発症します。





一般的な認知症のように

物忘れなどはないのですが、


同じ行動を繰り返したり、

集中力がなくなったり、

規則を守れない
といった

異常行動を起こすため、

精神的な病気と

間違われることが多々ある
ようです。





このように、認知症にも

様々な種類や特徴があり、

それぞれ対処法も異なります。



物忘れ以外にも

怪しい言動が増えてきた場合は

認知症である可能性もありますので

医師に相談してみるのがおススメ
です。