認知症になりやすい人 発症する原因は



プラズマローゲン効果ナビ




認知症になりやすい人 発症する原因は


認知症になりやすい人 発症する原因は
年をとったら誰でも

認知症になると

いうわけではありません。



実は、認知症になりやすい人、

なりにくい人がいる
のです。



できればかかりたくない認知症…。



一体どういった人が

認知症になりやすいのでしょうか。







ストレスや孤独感は認知症の原因になる



認知症の発症原因は

脳細胞・神経細胞の死滅
です。



脳細胞や神経細胞が死滅してしまうと、

伝達障害がおこり、

精神や身体に異常が起こり始めます。



その異常が悪化することで

認知症を発症してしまうのです。





脳細胞や神経細胞が

死滅してしまう理由には

疲労やストレス、睡眠不足など


あげられています。



日頃のストレスや疲労は

脳に老廃物をため、

その老廃物により

脳細胞や神経細胞は

破壊されていきます。





ですので、ストレスや疲労が

完全になくなれば

認知症を発症するリスクを

一気に減少させる
ことが可能です。



しかし、ストレス社会と言われる現代では、

なかなかすべてのストレスを

取り除くことができません。





また、人との関わりが少なく

孤独を感じる生活を送っている場合は

認知症の発症リスクが

高い傾向に
あります。







認知症になりやすい性格は



また、性格も認知症の発症に

大きく影響してきます。



まず、プライドが高い人は

認知症になりやすい傾向
があります。



プライドが高い人は世間体を気にし、

人を受け入れることができず、

人を褒めたり喜ばせたりすることが

苦手な人が多いようです。





こういった人は

あまり笑うこともしないので、

常に理屈っぽく

暗い気分になってしまいます。






脳の活性化には

笑いや楽しいことが一番
です。



高すぎるプライドは認知症だけでなく、

他の病気を発症する

原因にもなりかねませんので、

早めに改善することをおすすめします。





また、自立できていない人も要注意です。

認知症になりやすい性格は

これは家事全般を一人でできず、

服装にもこだわりがなく

いつも同じような服ばかり

着ている人などが当てはまります。





頭で考える動作を行っていないため、

脳が鈍くなりやすく、

認知症も発症しやすいと考えられます。







偏った食生活や睡眠不足は認知症の原因に



栄養バランスの悪い食生活を

送っている人も

認知症を発症しやすい
傾向があります。



バランスの良い食生活は

認知症予防・対策に不可欠
です。



しかし、野菜や魚を摂らず、

好きなものばかりを食べる食生活では

認知症のリスクを高めてしまいます。





最後に、適度な運動をしない人も

認知症にかかりやすい
ようです。



運動は、脳の活性化だけでなく

ストレス発散、

新陳代謝アップにもつながります。





しかし、あまり運動をしない人は

代謝も悪くなり、

血液の流れも滞りますので、


認知症を予防するためにも

運動するように心がけましょう。





このように、認知症になりやすい人は

いくつかの原因があります。



生活の中に笑いを取り入れ、

規則正しい生活を送ること


認知症のリスクを

一気に下げることも可能です。