認知症になりにくい生活習慣 食生活・運動や睡眠が認知症予防のカギ



プラズマローゲン効果ナビ




認知症になりにくい生活習慣 食生活・運動や睡眠が認知症予防のカギ


認知症になりにくい生活習慣 食生活・運動や睡眠が認知症予防のカギ
認知症は、いつ誰がなっても

おかしくない…。


そうお考えの方は少なくないと思います。



実は、認知症は

生活習慣を改善すれば

予防することも可能
なのです。







認知症の原因はストレスや疲労の蓄積



認知症は、日頃のストレスや

疲労、睡眠不足などが主な原因です。



こうしたストレス・疲労の蓄積は

脳に老廃物をためたり、

脳の血管をつまらせる

原因となってしまいます。





老廃物の蓄積や血管のつまりは

脳細胞や神経細胞を死滅させ、

脳の伝達機能を止めてしまう要因となり、

その結果、認知症を

発症してしまうのです。







生活習慣を見直せば認知症の予防につながる



ですので、認知症を予防するためには

ストレスや疲労、睡眠不足のない

生活が望ましい
と言えます。





しかし、ストレス社会と言われる現代。

すべてのストレスを取り除くのは

難しいかもしれません。


生活習慣を見直せば認知症の予防につながる


ですが、食生活の見直しや、

運動などに積極的に取り組み、

生活習慣を見直すこと


認知症を予防し、

認知症の発症を

遅らせることも可能なのです。







食生活


DHAは認知症予防に効果
認知症を予防するために

ビタミンC、Eや

βカロチンを多く含む野菜や

DHAやEPAを含む魚
を意欲的に食べましょう。



特に、DHAやEPAには

血液をサラサラにする効果や

脳の神経組織の機能を高める効果があり

記憶力の向上にもつながります。





運動



週3日以上は有酸素運動をしましょう。



適度な運動をすることで

認知症の予防だけでなく、

ストレスの解消や、基礎代謝アップ、

健康の維持にもつながります。





睡眠



毎日、たっぷり睡眠をとりましょう。


日光浴は認知症予防に効果がある
まず、起床後は

2時間以内に太陽の光を浴びます。



そして、可能であれば、

30分程度の昼寝ができれば理想的です。




この睡眠生活を行えば、

アルツハイマー型認知症の発症率を

一気に抑えることができます。



特に、脳疲労の緩和に

睡眠は絶大な効果が
あります。



どんなに忙しくても

睡眠時間は確保するように

していきましょう。





趣味や人との交流




人とおしゃべりをしたり、

趣味を楽しんだりと

「人生の楽しみ」があれば

認知症にかかりにくい傾向が
あります。





まず、人との交流をよく持つ人は

認知症になりにくいとされ、


孤独な生活を送っている人の

8分の1程度の認知症の発症率に

抑えることができているという

データがあります。





また、ゲームや楽器の演奏、

ダンス、文章を書く・読むなどの

趣味がある人も

頭や体をよく動かす傾向にあるため、

認知症にかかりにくい
ようです。





このように、日頃の生活習慣改善と共に、

趣味などの楽しみを見つけることは

認知症の予防・対策に


かなりの効果が期待できます。





楽しい生活を送ることができつつ、

認知症も予防できるなんて、

とても嬉しい効果ですよね!