プラズマローゲンを豊富に含む食品は?1日にどのくらい食べればいいの?



プラズマローゲン効果ナビ




プラズマローゲンを豊富に含む食品は?1日にどのくらい食べればいいの?


プラズマローゲンを豊富に含む食品は?1日にどのくらい食べればいいの?
認知症やアルツハイマーの改善に

効果があるというプラズマローゲン。



このプラズマローゲンは

元々体内にある成分ですが

一度失ってしまうと

体内で再び作ることはできない


いわれています。





足りなくなったプラズマローゲンは

食品などで補充する
しか

方法はありません。



では、どういった食品に

プラズマローゲンが多く

含まれているのでしょうか。







プラズマローゲンはホタテ貝や鶏むね肉に豊富に含まれる



プラズマローゲンは

脳細胞の老廃物を排除し、

酸化を防ぐことができる

リン脂質の一種で、

脳細胞の根元の機能を

コントロールする力が

あることがわかってきました。




アメリカの研究によりますと、

認知症やアルツハイマーを

発症している人の

体内のプラズマローゲンの量は

減少傾向にあるという結果が出ており、


プラズマローゲンの量が増えれば

認知症やアルツハイマーを

改善・予防することができる


考えられています。





プラズマローゲンは

元々、すべての人間や動物などに

備わっている成分です。



しかし、年齢と共に減少し、

一度減少したプラズマローゲンは

再び作ることはできません。





ただし、プラズマローゲンを含む

食品を摂取すれば、

体内のプラズマローゲンの量を

増やすことが可能です。





プラズマローゲンが

特に多く含まれている食べ物は

牛、豚、鳥などの家畜や

魚、貝類
など。



その中でも、ホタテ貝や鶏むね肉に

プラズマローゲンが

豊富に含まれて
います。







食品よりサプリからの摂取がおすすめ!



ただし、プラズマローゲンは

吸収が難しくを

プラズマローゲンを

豊富に含む食品を食べるだけでは

体内に正しく摂取されません。





しかし、最近では、

体内にしっかり吸収されやすい

プラズマローゲンサプリも登場しています。



サプリを代用すれば

簡単にプラズマローゲンを

摂取することが可能
です。





プラズマローゲンサプリの中でも

特に、ホタテ貝から抽出された

プラズマローゲンのサプリメントは、

人間の体内に元々備わっている

プラズマローゲンの成分と

とても似た性質を持っているため

高い効果が期待できるとされています。





認知症やアルツハイマーを

発症する前の予防策としても

プラズマローゲンは効果的です。



物忘れに悩んでいたり、

疲れを感じている人は

プラズマローゲンのサプリメントを

試してみるのもおススメです。