体内のプラズマローゲンを減らさないための注意点



プラズマローゲン効果ナビ




体内のプラズマローゲンを減らさないための注意点


体内のプラズマローゲンを減らさないための注意点
認知症の予防や改善に

効果があるというプラズマローゲン。



このプラズマローゲンは

人間にもともと備わっている成分です。





しかし、プラズマローゲンは

加齢やストレスが原因で

減少してしまう
ことが分かっています。



そして、人によって

減少の差がとても激しく

人よりも減少傾向が強い人は、

将来認知症やアルツハイマーにかかる

可能性がある
とされています。





ただし、少し注意をするだけで

プラズマローゲンの減少を

食い止めることもできる
のです。







プラズマローゲンは加齢やストレスで減少する



プラズマローゲンは

人間や動物などの哺乳類全般に

備わっている成分で、リン脂質の1つです。



脳神経細胞や心筋、リンパ球などに

多く含まれる成分なのですが、

脳神経細胞の酸化を防ぐ効果が

あることがわかってきました。





日頃のストレスや疲労、

睡眠不足などが原因で

脳は疲労を起こします。



すると、脳細胞が死滅し、

少しずつ脳神経細胞の酸化が

始まってしまうのです。



この脳神経細胞の酸化が

認知症やアルツハイマーの原因です。





脳神経細胞の酸化を防ぐ働きがあるため、

プラズマローゲンには、

認知症やアルツハイマーなどの発症を

食い止める効果があるのではないか


考えられています。





アメリカの研究では、

認知症やアルツハイマーを

患っている人は

プラズマローゲンが

減少している
ことがわかっています。




その患者が、実際に

プラズマローゲンの摂取をしたところ


・中度の認知症が軽度に改善された

・認知症の進行を止めることができている


という結果も出ています。







活性酸素に弱いプラズマローゲン



まだ研究途中のようですが、

プラズマローゲンは

活性酸素に弱い
という

研究結果が出ています。


活性酸素に弱いプラズマローゲン


活性酸素は

タバコの煙や紫外線、そして、

過剰なストレスを受けることでも

発生するもの
です。



そして、タバコの煙も

紫外線もストレスも

プラズマローゲンを

減少させるだけでなく、


体に悪影響を及ぼすものばかり。





しっかり除去すれば

プラズマローゲンを減らさないだけでなく

他の病気の発生も防ぐことができます。





また、規則正しい生活や

適度な運動も

プラズマローゲンの減少に

大変効果があります






将来の健康のために、

早い段階から活性酸素を排除する

生活習慣を心掛けましょう。