アルツハイマー認知症の症状と改善策 最善の対応方法は



プラズマローゲン効果ナビ




アルツハイマー認知症の症状と改善策 最善の対応方法は


アルツハイマー認知症の症状と改善策 最善の対応方法は
アルツハイマー認知症は、

認知症の種類の中で、

もっとも発症例が多いと言われている

認知症の初期症状です。



アルツハイマー認知症は

認知症患者の60%以上を占めており

男性よりも女性の方が多く

発症している
ようです。





アルツハイマー型認知症は、

脳にアミロイドβやタウという

たんぱく質が蓄積し、

神経細胞を破壊していくことで

認知症の症状が現れてきます。



神経細胞の死滅は、

脳自体も委縮させていくので、

アルツハイマー認知症が進行すれば

身体も自由に動かせなく

なってしまう
のです。







アルツハイマー型認知症の主な症状



アルツハイマー型認知症の

代表的な症状は「記憶障害」
です。



記憶障害はいわゆる

“物忘れ”のことですが、

普通の物忘れは

「大事なものをどこに置いたのか

忘れた」というように

「置いた記憶」があるのに対し、


認知症の物忘れでは

「どこかに置いた事実」さえも

忘れてしまっている状態
です。



そのため、アルツハイマー型認知症に

かかってしまうと

「大事なものがなくなった!

盗まれた!」という

事態に発展してしまう

可能性があります。







今までできたことができなくなる症状も



アルツハイマー型認知症が

進行すると

「判断能力の低下」も見られ、

今までできたことができなくなる

という症状が
現れます。



判断能力低下の例としては

「片づけ方がわからない」

「洋服がちぐはぐになり、

季節に合わない服を着る」などがあります。


今までできたことができなくなる症状も


また、今日の日付がわからない、

時計が読めない等の見当識障害や、


徘徊等の周辺症状が起こるのも

アルツハイマー型認知症の

症状の一つです。







メモをこまめにとり、家族も対策をしましょう



アルツハイマー型認知症は

初期の段階で発見し、

早めの治療を行えば、

進行を緩やかにすることも可能
です。



ですので、少しでも

「おかしいな」と

思う症状があれば、

早めに病院へ行くこと
をおすすめします。





そして、アルツハイマー型認知症を

患っている人に対しては、

メモやカレンダーに

細かく物事を書きこみ、


忘れても大丈夫なように

管理をするなど

対応していきましょう。





また、外出した時に

一人でも帰ってくることができるよう、

連絡先を持たせるなどの

工夫もして
ください。





アルツハイマー型認知症を発症すると

同じことを何度も言われ、

周りの家族は

イライラしてくることも

あるかもしれません。



しかし、家族の対応が

アルツハイマー型認知症の進行を

緩やかにしたり、

逆に早めてしまう

原因になることも
あります。





患者本人の気持ちになって、

優しく対応をしていくことが大切です。